銀行カードローンの審査について

消費者金融のカードローンの審査で見られるのは、年収などのポイントより、現在きちんと定期的な収入があり勤続年数にも問題が無いかをチェックします。
過去に支払い延長や金融トラブルがあったとしても、消費者金融が見るのは基本的に「現在」の返済能力なので、審査に通る可能性は十分あります。審査に通りやすいのが、消費者金融の審査の特徴です。
ですが、銀行カードローンの審査は少し異なり、審査基準が少し厳しくなっています。


<銀行カードローンの需要は高くなっている>

総量規制の問題や、過払い金請求などがあり、消費者金融は赤字になってしまう会社が多くありました。ですが、銀行のカードローンならばもとから制限内の金利だったために問題なく運営されています。それに加え、現在の貸金法である総量規制の対象外の商品となっています。
それにより、以前より銀行カードローンの需要は増しています。


<銀行カードローンの審査は厳しい?>

銀行カードローンは総量規制の対象外ということで、大口の融資にも対応しています。(参考・・・オリックス銀行の審査の難易度)
ですから、きちんと返済能力があるのか、消費者金融と違い現在だけでなく過去にさかのぼって情報を審査されます。
過去に返済の遅延があった情報などは審査において不利になってしまうことをあらかじめ知っておきましょう。

Comments are closed.