在籍確認がない銀行カードローンはある?

おおよその審査が終わった段階で、最終的に行うのが在籍確認です。職場もしくは自宅、その両方で電話による在籍確認がとれた後に融資実行となっている金融業者がほとんどです。消費者金融であれば「とある条件を満たせば在籍確認を行わない」と明記している業者が一件ありますが、後は行うことを前提としています。銀行カードローンも同様で、在籍確認がないとしているものは今のところありません。確認書類などに信ぴょう性が高い場合には省略されることもありますが、「なし」を約束はしていません。


<銀行カードローンの在籍確認の内容>

在籍確認とは「本当にそこで働いているのか」「そこに住んでいるのか」といったことの確認ですので、電話口で長々と何かしらを訊かれることは余り無いと考えられます。「ご利用ありがとうございました。今後とも宜しくお願いいたします。後ほど係りの方からお客様の携帯電話にご連絡を差し上げます。」程度の内容です。個人名でかけて欲しいといった相談にも対応してくれますし、もし外部からの電話を取り次がない会社であったとしても「働いていない」という判断にはなりません。それが原因で審査落ちになるということも考えにくいものです。銀行の場合には「銀行イコール銀行カードローン申込の在籍確認」と連想はされにくいものですから、銀行名で確認を入れてもらったほうが、会社の受ける印象は悪くないかもしれません。

Comments are closed.